頭皮環境の改善は自信アップのキッカケ【女性専用の育毛剤がある】

クリニックでのAGA治療

2人のドクター

医学的側面から考える

髪の悩みを抱える男性は日本人男性の4人に1人と言われています。男性型脱毛症をAGAと言いますが、AGAは30代を境に進行すると言われており、早い人では20代前半から進みます。AGAは進行のメカニズムが解明されており、医学的側面での治療が開発され、AGA治療として様々なクリニックで治療が行われています。一般病院や専門クリニック、皮膚科クリニック等で治療が行われます。一般病院やクリニックに比べて、専門クリニックは発毛医療に特化しており、また、皮膚科クリニックでは髪同様の末端細胞である皮膚の専門でもありますので、アレルギーや副作用といった情報にも目を向け、より詳しく検査が行われる治療を進め、専門医としての所見が受けられます。

専門医でのメリット

発毛医療を専門医から受けるメリットは、副作用を抑え、高い効果を得ることで、専門的な見地で発毛を確かなものとして、治療後も再び脱毛が進まないように維持するということが可能でしょう。発毛医療は薬物療法がメインであり、服用薬のフィナステリドや塗布薬のミノキシジルが用いられます。皮膚科での治療は患者の症状や薄毛の進行度を考慮し、アレルギーや副作用に注意してこの治療を進めます。万が一副作用やアレルギーが出た場合、それらを抑えて主作用のみを優先させる治療にチェンジします。皮膚科クリニックで発毛医療を受ける場合は、治療費を明朗に患者に伝えるクリニックが良いです。発毛医療は自由診療であり、自費負担となるため、治療期間と費用を詳しく説明を受けましょう。